知っておこう!ムダ毛を濃くなる生活習慣

ムダ毛は、年頃になれば男女問わず多くの人が抱える体の悩みのひとつ。脱毛サロンを考えている人も多いでしょう。しかし脱毛サロンに通ったからといって、普段の生活がムダ毛に影響を及ぼしていれば、効果が期待できないこともあります。

ムダ毛が濃くなる原因は、大きくいえばホルモンバランスの乱れと皮膚へのストレスにあります。

男性ホルモンの1つであるテストステロンは、男女を問わず分泌され、人にやる気や向上心、闘争心を高めてくれるホルモンです。普段は意欲的な生活をするのに良い働きをするのですが、これが分泌されすぎると、ムダ毛を濃くしたり髭を生やす原因となってしまいます。

テストステロンの増える原因は、運動不足や寝不足、喫煙といった生活習慣の乱れ。そして過度なダイエットによる栄養不足、ストレスの多い生活の継続、牛肉や豚肉など赤身中心の生活です。また、加圧トレーニングのような過度な筋トレによってもテストステロンは分泌されますので、ヨガやストレッチなどの体をほぐす運動を中心にするべきです。

ムダ毛の濃くなるもうひとつの原因は皮膚へのストレスですが、これは脱毛や肌荒れによるものです。

皮膚がストレスを受けると、体は皮膚を守ろうとして皮膚を固くしたり、毛を増やしたり濃くして丈夫にしようとします。とくに自宅で行うカミソリでの剃毛は皮膚の表面ごと毛を剃ってしまうため、その影響は多大です。

すっきりつるつるの肌が癖になる毛抜きは、表面上は綺麗にみえますが、皮下には丈夫な毛根が残っており、毛穴が開いてしまったり、色素沈着や埋没毛など様々な皮膚トラブルを引き起こします。

どうしても自宅で自己処理をしたいときは、シェーバーでの剃毛が最も皮膚が傷つかず有効な脱毛方法です。

また、冬は生活しているだけでも寒さによって毛は太くなる時期です。何よりも乾燥による皮膚ストレスは、毛を太く丈夫にするのに大変影響を及ぼしています。これを軽減するため、保湿クリームや保湿オイルでこまめに保湿をすることが大切です。

生活習慣の乱れ、過度なダイエットによる栄養不足、生活上のストレス、筋トレ、食べ物、そして自分で行う剃毛。ムダ毛を濃くしてしまう生活習慣に気をつけて、生活を整えながら脱毛サロンに臨みましょう。

PR 仙台で全身脱毛

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ